デザイン住宅を建てるコツ|想像が具現化する

  1. ホーム
  2. 品質の良い家作り

品質の良い家作り

一軒家

大工の種類の1つとして、宮大工がある。宮大工は、寺社などの建設や修繕などを専門的に行う大工であり、特に高い技術力や専門的な知識が必要な大工でもある。神社やお寺の建設や修復では、昔ながらの技術が必要なことも多く、習得には数年や数十年必要なこともあり、現場での実戦経験を積みながら身につけて行く内容が多い。その為、大工の中でも最も技術力が高い集団として知られている。宮大工は、必要な技術力などから人数も少なく大工全体の数パーセントしかいないなど限られた数になっている。このような中、最近では個人の一戸建て住宅においても宮大工に建ててもらいたいという需要が高まっており、これらを活用し住宅を建設するメーカーも出ている。宮大工に一戸建て住宅建設を依頼する場合には、一般的な大工を活用した場合に比べ費用は数割程度高くなるが、より品質の高い住宅建設を期待できる。特に、和の造りにこだわった住宅建設を行いたい場合には、宮大工を活用した住宅建設が向いている。宮大工による住宅建設では、きめ細かなところまで丁寧な仕事をしてもらえる可能性が高くなる。それにより、建設から年月がたっても劣化しにくい家となることを期待できる。宮大工が手掛ける寺社では、数十年から数百年程度持つことを想定して建てられるものも多く、長持ちさせるための技術についても長けている。これらの技術や知識を戸建て住宅建設に活用してもらうことで、長く良い状態を保った家とできる。